寝床内の温湿度

人間はその人生の3分の1を寝具内で過ごすといわれます。快適な睡眠のための重要な条件はその人にぴったりと適した寝具です。もっとも、睡眠には様々なタイプがあるといわれます。他の人より睡眠中に汗をたくさんかく人もいれば、伝統的な押さえのない掛け布団を好む人、平らな掛け布団や平面キルトを好む人もいます。寝具選択の際には、その人にぴったりの掛け布団そして/または枕を見つけることが重要です。

保温コンフォートという点においては、多種多様な温度への好みが考慮されなければなりません。また、外気の条件も様々であり、少し寒いくらいの寝室を好む人もいれば、暖房のきいた部屋で眠りたいという人もいます。専門家は18°程度の比較的涼しく乾燥した部屋での就寝を推奨しています。寝室の(日中)温度を低く維持し、夜には少し寒いぐらいの気温で眠る人は、それを補うためにより暖かい掛け布団を選択することができます。小売店では掛け布団が保温クラス、ライト、ミディアム、ウォーム、エクストラウォームに分けられています。

ページを印刷する ページを推薦する ページトップ