羽毛採取

ダックのダウンおよびフェザーの採取は常に屠殺過程終了後、つまり屠殺された鳥から行われる一方、グースの場合、生きている鳥からの採取が可能です。食用肉生産における屠殺後に、副産物である「羽毛」を利用することが可能であると同時に、法的に明確に定義されている条件の下、屠殺前の水鳥から羽毛採取することは合法的に認可されています。これは欧州および各国内での農業飼育におけるグース飼育に関する動物保護の合意などにより管理されています。生きている水鳥からの羽毛採取は、新しい羽が生え始め、前の羽が抜け落ちる、水鳥の羽の生え変わりの期間にのみ行われます。また、鳥屋外での羽毛採取は行われません。このような生きている水鳥からの羽毛採取は法的に禁止されています。当協会は長年にわたり農場また養殖場の監視を積極的に行っています。

ページを印刷する ページを推薦する ページトップ