トレーサビリティ

2010年より、EDFAの会員企業にはトレーサビリティシステムのドキュメンテーションおよび行動規範が義務付けられています。これに従い、ダウンおよびフェザーの動物虐待的採取および加工は禁止されています。各企業はそれぞれの売買契約または一般契約条件上に適切な宣誓を記載しています。ダウンおよびフェザーの原産は、詳細にいたるドキュメンテーションシステム、EDFAのトレーサビリティ規準により把握されています。鳥の肉食生産の副産物としてのダウンおよびフェザーの詰め物生産のドキュメンテーションが行われるよう、協会の数多くのワークショップが監査スペシャリストと協同でトレーサビリティの規準を作成しされました。これはEU各国、欧州評議会加盟国および第三国からの供給に適用されます。これにより、EDFAトレーサビリティスタンダードは世界中における羽毛採取を包括的に管理するものです。

サプライヤはそれぞれの製品が屠殺された鳥、または生きた鳥から法的に許可されている方法で採取されていることを証明しなければなりません。この証明の正当性を審査するために、第三者機関による定期的な監査が行われます。

このような条件下で生産された寝具は消費者のために適切に表示されています。

ページを印刷する ページを推薦する ページトップ