アレルギー

ハウスダスト(家屋塵)アレルギーとダウン/フェザーの寝具?空騒ぎ

ハウスダストにアレルギー反応を起こすからといってダウンおよびフェザー寝具を諦めてしまう必要はありません。

ハウスダストのアレルギー反応とフェザーおよびダウン寝具の使用の関連性が取り上げられルことがしばしばあります。多くの医師や繊維専門家はアレルギー患者に羽毛寝具を他の詰め物が使用されている寝具に取り替えるようアドバイスさえ与えています。

新しい研究結果によれば、このようなダウンやフェザー寝具に関する偏見は再考察され、またその全く逆の学説が唱えられています。

この噂の実態は?
キール大学の産業人間学研究所の責任者であるハンス・ユルゲン教授はその根本を考察し、この問題に関する調査を行いました。ハウスダストアレルギー患者はダウン寝具やフェザー寝具を問題なく利用することができる、それどころかこれは特に推奨できるものであるという結果が出ています。

テストは理論を上回るものです。
ダウン寝具およびフェザー寝具がイエダニの大量な発生とのかかわりがないという研究室における調査の後、ユルゲン教授は異なる家庭で使用された掛け布団の調査を行いました。全てのケースで寝具にはハウスダストアレルギー反応を引き起こすダニは全く見られませんでした。

アプローチ
イエダニそのものではなく、、その糞、そしてそれが大量に発生した場合のみアレルギー反応を引き起こされます。イエダニが何匹かいたところで、アレルギー学的には決定的な原因といえるものではありません。イエダニとは、生態学的に人間と同様の条件下で発生するものであり、それゆえどのような家庭にも存在するものといえます。このような理由から、生活水準を低下させることなく、イエダニを完全に除去することは大変難しいものとなります。ここではイエダニアレルギー患者にとってイエダニの大量な発生のみが考慮されなければならないという理由から、まず、イエダニがどのような条件下で大量に発生するのかが調査されました。

栄養
イエダニは主に人間やそのペットの皮屑を栄養源としています。人間は毎日0.5~1グラムの皮屑を落とすもので、0.25グラムほどの量で、すでに何千ものダニに何ヶ月にもわたり栄養供給することができるといいます。テストで明らかになったように、フェザーとダウンはイエダニの栄養源ではありません。結論:ダウンおよびフェザーではなく、人間がダニに栄養源を供給しています。

繊維によるバリア
この調査の際、興味深いことにイエダニは大きすぎるためダウン寝具およびフェザー寝具の布団皮を通ってその内側に入り込むことができないということが明らかになっています。布団皮は、最適な温度・湿度調節および通気を実現するとはいえ、繊細なダウンが通り抜けないよう細かい目に織られています。専門家の間ではこれは「ダウンプルーフ」と呼ばれています。イエダニは布団皮を通ってまで羽毛に接近し、それを栄養源とする理由がないだけではなく、ダウンプルーフの布団皮が寝具内にイエダニが入っていかないような、さらなるバリアを形成しているというわけです。

結論:フェザーとダウンの明らかな勝利
ハウスダストアレルギー患者も、その決断を後悔することなく、ダウン寝具およびフェザー寝具のメリットやコンフォートを享受することができます。調査結果から明らかになったように、ダウン寝具とフェザー寝具にイエダニが全く存在しないという理由は二つあります。まず、ダニの主要栄養源は人間の皮屑であり、フェザーやダウンではないこと、それゆえ、布団皮を通って詰め物に近寄っていく理由がないとこと。そしてもう一点は、ダウンプルーフの布団皮が、繊維のバリアを形成し、ダニが通過することができないという点です。

その他の研究の一覧はwww.nomite.deでご覧ください

ページを印刷する ページを推薦する ページトップ